ノベルティを配ることで売り上げアップを狙うことができると言われていますが、そんなノベルティでも失敗すると大損にもつながります。ノベルティで成功させるにはもらった人にとって嬉しいもの、便利なものである必要があります。どうしても会社名や商品名を覚えさせようとして、それらを前面に出してしまうと逆にもらった方は使いにくくなり、結局失敗に終わってしまうことも。ノベルティが良いものであれば、どこでもらった、どのメーカーでもらった、どの商品でもらったということは意外と覚えているものです。そこでノベルティに商品名やメーカー名を、大きく入れるだけが良いとは限らないのです。

そんなノベルティの中でも、もらった人に喜ばれるのがミニタオルです。オリジナルタオルでもミニタオルなら低価格で作ることができ、もらった方も便利に使いやすいのではないでしょうか。最近はハンカチよりミニタオルを持つ人が増え、子供だけでなく男女問わず人気があります。そのためおしゃれなミニタオルはノベルティとしても利用する人が多くなっているのです。ハンドタオルよりずっと小さいミニタオルは、ポケットにもバッグにも入るので、とても使いやすい約22センチ×22センチ。そして販促したい商品の対象年齢に合わせたミニタオルを作ることがおすすめです。